OutSystemsトレーニング

更新日:11月19日

DXの加速にともない、市場のニーズにより早くより柔軟に対応できるシステムの構築が求められています。そのため、習得しやすく、変化に対応しやすく、開発工数の大幅な削減が可能となるローコード開発が注目を浴びています。


日本国内でも実績が認められてきたローコード開発ツール OutSystemsの人気が高まり

このところ、企業様向けにご提供させていただいているトレーニングのご依頼が増えています。


トレーニングは、20時間(1回2時間×10日間)のトレーニングプログラムをZoomやTeamsなどのオンライン会議ツールを利用して行います。

弊社オリジナルのテキストにより、販売管理アプリケーションの作成等を通して、OutSystemsの実装方法を身につけていただくことができます。

また、OutSystemsの認定試験の受験案内も行っております。

トレーニングのスケジュールはお客様の業務に支障がないよう、ご相談しながら決めさせていただいています。


OutSystemsは、数あるローコード開発ツールの中で、生産性が高いことはもちろんのこと、開発から運用までのライフサイクル管理をオールインワンでサポートしていることが特長です。また、AIによるさまざまなサポート、セキュリティの高さでも信頼を得ています。


OutSystems開発やトレーニングについてご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

閲覧数:31回0件のコメント