RPAツール

BIツール

業務改善

ノーコード

DX

OutSystems

OutSystemsを RPA、BIツール と組み合わせることで、DXの推進を加速することが可能となります。最適なサービス選択からシステム化までのコンサルティングを行います。

DX推進加速のために

DXコンサルティング

scroll

「業務改善」にとどまらないドラスティックな「業務改革」を追求

  • 既存業務の洗い出し・ヒアリングによる各業務の課題分析と最適化

  • RPAツール(業務自動化)、 BIツール(データ可視化)の適切な選択

  • お客様のニーズ・ご要望を的確に把握し、業務改善にとどまらないご提案

  • BI・RPAツールの活用による業務改善では解決しきれない業務処理にOutSystemsを導入することで、真にお客様が望まれるDXを実現

各種ツール導入によるDX → 業務刷新まで含めたDXへ

 

DX推進プロジェクト

OutSystems

困っていること、面倒に感じていることは何かを質問すると、隠れた問題点を見つけ出しやすい

  • 業務内容調査

社員が日々従事している業務内容とその時間をツールを用いて取得・集計

  • アンケート

社員が日々従事している業務に関する課題を記載して回収

アセスメント

DXアセスメント

課題把握・分析

DX課題把握・分析

調査結果を参照し、重要なデータが蓄積されているが上手く活用されていない業務と、負荷が高い業務を優先的に選択すると改善効果が高い

  • 課題把握

纏められた課題がどのような問題を抱えているか、根本的要因を分析して導き出す

  • 課題分析

業務内容調査・アンケートで集計された課題を分類して、どのような課題であるかをまとめる

システムの改善を重点的に進めがちだが、業務改善を進めた上でシステムを導入する方がより効果的

  • 業務改善

課題分析から明らかになった問題点を、業務全体の効率化・標準化・権限の明確化など、業務からの観点で改善施策を策定

  • システム改善

課題分析から明らかになった問題点を、各部門の既存業務フローの中でシステム化・DX化が可能な箇所をピックアップして改善施策を策定

業務自動化にはRPA、データの可視化ならばBIツールのように、それぞれの課題にもっとも効果的なソリューションを適切に選ぶ事が重要
  • RPA

•業務自動化を実現する。

•AI-OCRを併用することにより、手書き文書の自動データ化も可能

  • BI

•データ可視化

•業務分析を容易にする

•データによる経営判断

  • ノーコード

•既存のEUC資産等を移行

•保守性が向上

データが紙などのアナログのままで開発を進めても効果は望めないデジタイゼーションとデジタライゼーションを進めた上で構築する

  • ローコードプラットフォーム(LCP) OutSystems

  • 超高速開発が可能となるローコードプラットフォーム

  • ビジュアルツールとAIによる開発支援により、開発期間を大幅に削減

  • システム開発の内製化を可能とし、レガシーシステムの刷新を低コストかつ高品質で実現

  • マルチデバイスを実現するための、デジタルプラットフォームを迅速に構築

課題整理・施策策定

DX課題整理・施策策定

導入

DX導入

構築

DX構築