OutSystems開発

プロジェクト成功のカギ

当社のOutSystems開発では、システム要件確認を要件定義フェーズからOutSystemsアプリで行う要件定義手法を用います。その結果、

ユーザーと合意形成した要件定義を可能としました。

また、要件定義で作成したアプリはリファクタリングを経て、次フェーズの開発工程に引き継がれるため、後工程の製造工数が大幅に短縮されます。さらなる詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

OutSystems開発